BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe『SOSコール』

BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe『SOSコール』について説明します。解説動画も併せてご覧ください。

1. BMW SOSコールとは?

ルームライト手前に配置されているボタンを押すと、BMW SOSセンターにつながります。重大な事故やトラブルなど非常時に使用します。

2. SOSコールの使い方

SOSのアイコンが表示されたボタンを押すとカバーが開きます。中にあるオレンジ入りのボタンを押すとSOSセンターにつながる仕組みになっています。

緊急時に助けを求める際に、通話先のコールセンター窓口の係員に状況を伝えます。

なお、ケータイ電話の回線を利用するシステムのため所により電波が届かない場所では使用不可となることがあります。

与えられた状況が許すならば、音声接続されるまで車両の中で待ちます。

重大な衝突事故などの場合には、SOSコールが作動する状況下であれば自動的にSOSセンターにつながります。SOSコールセンターからの問いかけに応答がない状態が続くと自動的に救助処置が開始されます。

BMW経由のSOSコールの場合、現在地などの情報が転送され必要な救助措置に役立つデータが緊急通報センターに転送される仕組みなっています。

3. BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe『SOSコール』についてを動画で詳しく!

 

まとめ

SOSが必要な重大な事故やトラブルなどには迷わずこのボタンを押します。また重大な事故時にはどこよりも先に救急車を手配するケースも見受けられます。万が一のときには、頼りになる機能です。