車を売却するコツ!税金が未納の車を高く売る方法

車の税金(自動車税)か未納でも売却することはできるのでしょうか?先に結論をお伝えすれば可能です。

ただし、売却後のトラブルの原因になったり、査定額が大きく下がる危険もあるため注意が必要です。

そこで今回は、自動車税が未納の車を安全に売却する方法を詳しくお伝えします。できるだけ早く売却したいとお考えだと思いますが、後々トラブルにあったり損をしないためにもぜひご確認ください。

1. 税金が未納の車を売却する方法

ステップ1:未納になっている税金の種類を確認

未納になっている可能性がある税金は次の2つです。

・自動車税

自動車税とは、毎年4月1日時点における車の所有者に課せられる税金のことです。毎年5月頃に納税通知書が届き、5月末までが支払い期限になっています。基本的には4月から翌年3月までの1年分を支払うことになります。

税金が未納の車を売却したいと考えている方は、この自動車税が未納になっている場合がほとんどでしょう。今回は、自動車税が未納となっている車の売却方法についてご紹介していきます。

・自動車重量税

自動車重量税とは、車の重量に応じて課せられる税金のことです。ほとんどの場合は車検費用と一緒に支払っています。つまり、車検に通していない車を売却しようとされている場合に関係する税金となります。

ステップ2:複数業者に相談する

自動車税が未納の車は売却できる業者が限られてきます。大手買取業者をはじめとして、多くの業者は車を売却する時には自動車税納税証明書の提示を必要としているからです。つまり、自動車税を支払っている車でないと買い取ってもらえないことが多いのです。

そのため、複数の業者に相談する必要があります。まずは自動車税が未納でも買い取ってもらえる業者を見つけましょう。

ステップ3:自動車税が未納であることを伝える

自動車税が未納のまま買い取ってもらえるのは、中古車販売店や買取業者になります。ディーラーでの下取りはまずできないでしょう。

お近くの業者をピックアップできたら自動車税が未納であることをきちんと伝えましょう。買取の可否の確認にもなりますし、査定額にも影響するからです。

ステップ4:買取方法を確認する

買取可能な業者が見つかったら、買取方法を確認しましょう。

実は、自動車税が未納の車を買い取ってもらえると言っても、税金の支払い義務がなくなることはありません。つまり、未納のまま売却したとしても、税金は支払わなくてはならないのです。

そのため、買取方法には2つのパターンがあります。

・売却後に自分で自動車税を支払う

一つ目は、売却後に自分で自動車税を支払うパターンです。ただし、こちらのパターンは業者にとってはリスクがあるため滅多にみられないでしょう。車を買い取った後にきちんと納税してもらえるかわからないからです。

買い取った車は中古車として販売されることが多いのですが、自動車税が未納だと車検を受けることができないため、次のオーナーとのトラブルになってしまうのです。

・買取額から納税額を天引きして業者が支払う

二つ目は買取額から納税額を天引きすることで、業者が支払うパターンです。業者にとっては納税されないというリスクがありませんので、ほとんどの場合がこちらのパターンになるでしょう。

買取額が安くなるため、あなたの手元に残るお金は少なくなります。

2. 税金(自動車税)が未納の車を売却した後に起こるトラブルや問題点

ここまでお伝えしたように、車の税金(自動車税)が未納の状態でも売却する事は可能です。ただし、本来は納税してから売却するのがルールです。

そのため、こうした方法で売却することは、トラブルの原因にもなってしまいますのでオススメできません。その詳細を確認していきましょう。

2-1. 税金(自動車税)の支払い義務はなくならない

先ほどもお伝えしていますが、税金(自動車税)が未納の車を売却できるといっても、税金の支払い義務がなくなることはありません。どのような形で売却したとしても、結局は税金を納めることになるのです。

そのため、どうしても売却前に税金を納めることができない場合以外は利用しない方がいいでしょう。逆に、納税可能であれば先に支払ったほうがいいのです。例えば、納税が遅れるほど延滞金が発生してしまうからです。

2-2. 延滞金が発生する

税金の支払いが遅れると延滞金が発生します。滞納期間が長くなればなるほど延滞金が増えていきますので、結果的には納税額が増えてしまうのです。つまり、滞納している税金は、できるだけ早く支払った方が負担は少なくて済むということになります。

また、車の売却によって支払いすぎた自動車税は還付されますので、車を売る予定だからと言って滞納することのメリットは少ないでしょう。

つまり、自動車税の支払い義務はなくならないため、売却前に納税するか、それとも売却後に納税するかの違いになります。トラブルを避けるためにも売却前に納税する方が安心だと言えます。

2-3. 業者が手続きを進めない

未納分を業者が支払うと約束していたにも関わらず、売却後に業者が手続きを進めていないことがあります。その場合、納税通知書や督促状はあなたの元に送られてきます。

未納のまま売却できる業者は限られていますので、悪質な業者に当たってしまう可能性も否定できないでしょう。

2-4. 査定額が大きく下がる

税金を滞納している車の査定額は大きく下がってしまいます。そのため、税金を支払ってから売却するよりも、結果的には損をしている可能性もあるのです。さらに、納税額分を天引きされてしまえば買取額は一層安くなり、手元に残るお金はわずかとなります。

とにかく車を手放したいという方もいらっしゃると思いますが、車を高く売るなら売却前に納税した方がいいのです。

3. 未納の税金(自動車税)を支払ってから車を売却するのがオススメ!

自動車税が未納の車を売る方法や問題点についてお伝えしてきましたが、やはり売却前の納税をオススメします。その理由は以下の通りです。

3-1. 売却後のトラブルを防ぐ

一番の理由としては、売却後のトラブルを防ぐことができるからです。本来は自動車税が納税されている車の売買が基本ですので、後々のことを考えても早めに納税した方が安心でしょう。

ただ、自動車税の支払いが難しいという場合もあると思います。そんな場合は少しでも早く売却したいと考えていらっしゃるでしょう。

しかし、次にお伝えするように納税している車であれば高額査定がつくこともあるのです。結果的には、納税後の売却の方が手元に残るお金が多くなるでしょう。

3-2. 高額で売却できる可能性がある

自動車税が未納の車は買取額が安くなることはお伝えした通りです。さらに、足元を見られ通常よりも安く査定する業者もあるようですので要注意です。

しかし、売却前に納税すれば通常通りの査定ができますので、査定額がアップする可能性があります。特に、買取業者を利用すれば高額査定も期待できます。詳しくは、「車を最高額で売却するコツと査定でチェックするポイント」こちらでご確認ください。

3-3. 売却前に自動車税を納税しても還付があるので損はしない

車を売却する予定なのに、1年分の自動車税を支払うことは損だと思われていないでしょうか。でもそんなことはありません。余分に支払った税金は還付されるからです。

例えば、5月に通常通り1年分の自動車税を払っていた場合を考えてみましょう。車の売却を9月にしたとすると、10月から翌年3月までの6ヶ月分が余分に支払ったことになりますので、こちらが還付されるのです。

繰り返しになりますが、自動車税の納税義務がなくなったり安くなることはありません。先に払うか後で延滞金とともに支払うかの違いです。期日通りに自動車税を支払ったとしても、余分に払ったり損をすることはないのです。

ただし、こうした還付金のことを詳しく説明しない業者もありますので注意が必要です。還付金を受け取り損ねないためには「徹底解説!意外と知られていない車の売却で戻ってくるお金とは?」こちらも合わせてチェックいていただくといいでしょう。

このように、車の売却前に自動車税を支払うことで損をすることはありませんし、トラブルを避けたり、高額査定のチャンスもあるため、未納になっている場合にはすぐに支払うことをオススメします。

4. 未納になっている自動車税を支払う方法

では、未納の自動車税はどのように支払えばいいのでしょうか。

その方法はとても簡単です。普通車の場合には管轄の都道府県税事務所に電話連絡をして、自動車税が納付できていないことを伝えましょう。その際に、登録番号(ナンバープレートの番号)が必要になることがあるので、車検証を手元に用意しておくといいでしょう。後日、納付書が届きますので指定の場所で支払いを済ませます。

軽自動車の場合には、市役所の税務課に電話連絡をしましょう。その後の手続きは普通車と同じです。

また、電話連絡ではなく直接窓口に行き、その場で支払うことも可能です。

4-1. 自動車税の延滞金の計算方法

自動車税の支払い期日は5月31日までです。期日をすぎると延滞金が発生しますが、延滞金の支払いは1,000円以上になった時に必要となります。そのため6月中であれば延滞金が発生しません。7月以降になると車種によっては延滞金の支払いが必要になりますので、以下の計算式に当てはめて計算してみましょう。

複雑な計算のように感じますが、落ち着いて計算式に当てはめていただければ難しくはありませんので安心してください。

延滞金={(税額×日数A×特例基準割合+1%)÷365日}+【{税額×日数B×(特例基準割合+7.3%)}÷365日】

日数A : 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間の日数

日数B : 納期限の翌日から1ヶ月を経過した日から納付日までの期間の日数

引用:東京都主税局

特例基準割合は各年度によって異なり、平成29年度分の場合は1.7%になります。

税額については、以下の表で確認しましょう。

5. 税金(自動車税)未納の車を売却する方法まとめ

いかがだったでしょうか。自動車税が未納のままでも車を売却することはできます。その場合には、複数の業者に相談して、対応してもらえるところを探すようにしましょう。

また、車の売却は納税されていることが基本になります。そのため、未納のまま売却する場合、トラブルの原因になったり、買取額が大きく下がってしまうことがありますので十分に注意してください。

オススメは、先に納税してから売却することです。自動車税の支払い義務がなくなることはありませんので、先に納税しておくほうがトラブルもなく、高額査定の可能性もあるからです。

売却前に納税したからといって、税金を支払い過ぎて損をするようなことはありませんので、可能であれば先に納税する方がいいでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、安心して車を売却していただきたいと思います。