今すぐできる!車の売却時に忘れると危険な任意保険の処理方法

車を売却する時には様々な書類の用意や手続きがありますが、そのほとんどについては売却する業者からの案内があります。

しかし、任意保険の処理については売却に直接関係ないため、後回しになってしまい慌てて対応することになったり、忘れてしまうこともあるため注意しなくてはなりません。

特に、車を乗り換えるのであれば任意保険の継続手続きが必要になりますし、解約する場合でも返金がありますので忘れずに処理するようにしましょう。

そこで今回は、任意保険の具体的な処理方法を詳しくお伝えします。特に難しい方法ではありませんし、今すぐ手続きできる場合もありますので、早速確認していきましょう。

1. 車の売却時に任意保険を処理する2つの方法

任意保険の処理方法は、車の売却後の状況によって以下の2つの方法があります。

  1. 車を買い替える時:車両入れ替え手続き
  2. 車に乗らない時、次の車に乗るまでの期間が空く時:解約と中断手続き

それぞれ手続きが異なりますので、あなたに該当する方をチェックしてください。

2. 車の売却後に別の車に乗る場合

2-1. 任意保険の車両入れ替え(車両変更)手続き

車を買い替える場合には、任意保険の車両入れ替え手続きを行います。(車両変更手続きと呼ぶ保険会社もあります。)もちろん、保険等級の引き継ぎができますので安心してください。

この手続きを忘れて新しい車に乗り、万が一事故にあったとしても補償されませんので確実に処理しておきましょう。

具体的な手続きは以下の通りです。

① 乗り換える車の車検証を用意する

任意保険の車両入れ替え手続きに必要なものは、乗り換える車の車検証だけです。車検証はコピーでも構いませんので、車を買い替える場合には販売店から受け取りましょう。

車検証がない場合は、

  • 型式
  • 初度登録年月
  • 車台番号
  • 登録番号
  • 車種用途

これらの情報があれば手続きできますので、販売店に確認しましょう。

② 保険会社に連絡する

保険証が用意できたら保険会社に電話連絡をして手続きを行います。その際は、保険加入者本人である必要があります。

また、インターネット通販型の保険に加入している場合には、インターネット上のマイページなどからも手続きできます。車検証があれば今すぐ確認してみましょう。

また、加入している保険会社によっては、走行距離の確認が必要な場合などもあります。手続き自体は簡単にできますので、まずは慌てずに保険会社に連絡するといいでしょう。

③ 納車日までに手続きを完了する

車両入れ替え手続きは、新しい車の納車日までに完了させておきましょう。納車日が決まったらすぐに連絡するといいでしょう。

2-2. 車両入れ替えによる返金

任意保険料は車両ごとに異なりますので、保険料が安くなる場合には過払い分の返金があります。

その場合は、手続きの際に返金の振込先情報(口座情報)が必要になりますので、通帳もあわせて用意しておくといいでしょう。

逆に保険料が高くなる場合には、差額を支払うことになります。

2-3. 車両入れ替え時に保険料の見直しも!

車両入れ替え手続きを行うタイミングに合わせて、保険料を見直してみましょう。保険料が安くなる場合があります。

例えば、複数台の契約をしている場合には、全ての車の保険等級を入れ替えることができます。

その他にも年齢条件や特約も見直してみるといいでしょう。さらに、新車に乗り換える場合には、新車割引、エコカー割引などもありますので保険料を抑えるチャンスです。

詳しくは、契約している保険会社に相談してみるといいでしょう。

3. 車の売却後に車に乗らない場合、次の車に乗るまでの期間が空く場合

3-1. 任意保険の解約と中断手続き

・任意保険を解約する時の注意点

任意保険を一度解約すると、これまでの等級がリセットされてしまいます。つまり、一旦解約した後に再契約をすると6等級からのスタートになり、保険料が高くなってしまいます。

そのため、今後車に乗らないことが確実な場合のみ、解約するようにしましょう。

・中断手続きの注意点

今後も車に乗る可能性がある場合には、中断手続きを行うようにしましょう。再契約時にこれまでの等級を引き継ぐことができるメリットがあるからです。

ただし、中断期間は最長で10年間ですので、それを過ぎれば無効になります。また、各保険会社によって中断制度を利用するための条件がありますので、詳しくは契約されている保険会社に確認するようにしましょう。

3-2. 任意保険の解約・通団手続き方法と返金

任意保険の解約や中断手続きの方法は、保険会社に電話連絡をするか、インターネットから手続きを行うことで完了します。

この場合、過払い分は返金されます。ただし、保険会社によっては短期料率といわれる返金額を計算するものがあり、過払い金の全額が返金されない場合もあります。詳しい金額は保険会社に問い合わせてみましょう。

4. 車売却時の任意保険の処理方法まとめ

いかがだったでしょうか。車の売却に伴う任意保険の処理方法は、以下のように一人一人異なります。

  • 車を乗り換える方、買い替える方・・・車両入れ替え手続き
  • 次の車に乗るまでの期間が開く方・・・中断手続き
  • 今後車に乗らないことが確実な方・・・解約手続き

特に、車を乗り換える方は、車両入れ替え手続きを忘れずに行いましょう。忘れてしまうと、万が一事故などを起こした場合に補償してもらうことはできませんので注意してください。乗り換える車の納車日がわかったら、車検証を用意してすぐに保険会社に電話連絡しましょう。

また、最近はインターネット通販型の自動車保険に加入されている方が増えましたが、その場合にはインターネット上のマイページなどからも手続きが可能ですので、今すぐチェックしておきましょう。

車の売却や乗り換えを気持ちよく行うためにも、今回の記事を参考にしていただき、素早く任意保険の処理を完了させましょう。