車を最高額で売却するコツと査定でチェックするポイント

「これまで乗ってきた車をそろそろ手放して、新しい車に乗り換えたいな」

車を売却する方法としては大きく分けて、

  • ディーラーに下取りに出す
  • 中古車販売店などの業者に査定に出す
  • 車の一括査定サイトを使って無料で査定の申し込みをする

という3つの方法が挙げられます。

3つの売却方法がありますが、できれば少しでも高く売って次の車の頭金にしたり、手元に現金を残したり、車とは違った旅行などに費やしたいと思っているかもしれません。

結論を言うと「車の一括査定」に出すと言うのが車を最も高く売る方法になります。その理由は一体何なのか?今回の記事で紹介していきます。

合わせて査定員が車を査定する際にどんな項目をチェックしているのかその裏の話も紹介していきます。できるだけ労力を掛けないで、かつ、愛車を高く売る方法として参考にしていただければと思います。

車を一括査定に出して売却するまでの流れ

今回はより高額で売却できる「一括査定」にの流れを簡単にお伝えしていきます。ディーラーに下取りに出す場合の流れと下取りのコツは別の記事で紹介していこうと考えています。

車の売却は複数の業者に査定依頼を出す

まずは、複数の業者に査定依頼を出します。買取業者は世の中に複数存在するので、どこに持っていけば良いかわからないと思いますが、できれば可能な限り多くの業者に持っていくことをおすすめします。より多くの業者に査定してもらうことで車の相場がわかるだけでなく、より高額で売却することができます。

しかし、その都度買取業者に査定依頼を出すのはとても大変なので、「車の一括査定サイト」を利用して査定にかかる手間を最小限に抑えましょう。

売却予定の車を査定してもらう

査定依頼を出したら実際に査定をしてもらうことになります。サイト上で簡単な売却価格の概算を出してもらえるかもしれませんが、それはあくまで概算なので、実際に車を見てもらって正確な査定額を把握するようにしましょう。実際の価格を把握して初めて、その後の戦略を立てることができます。

売却手続きをして売却をする

査定してもらって売却する業者が決まったら、最終的な売買契約をして売却に進めます。売却の際に必要な書類等はこちらにまとめているので、確認しておきましょう。

 

査定から売却までの大まかな流れはなんとなくお分りいただけましたでしょうか?ではここからは車を最高額で売却するためのコツを紹介していきます。

車を最高額で売却するためのコツ

車を売却価格なんてどこでも同じようなもんだろうと思っているかもしれませんが、下取りに出す場合と売却する場合では数十万円以上売却額に差がつきます。

また、同じ買取だとしても買取業者によって査定額が平均して10万円前後、最大でも20万円近く差がつくことがあります。このように、同じ車を売却するだけで20万円の差がつくとしたら、「どこで売っても同じ」なんて思わないでしょう。

売却価格を最大で20万円アップさせるためのコツを紹介していきます。

「下取り」ではなくて「買取」に出す

これは一般的に言われていることですが、車を手放す際に下取りではなくて「買取」をしてもらう方が高く売ることができます。買取の方が高くなる理由は後述していきますが、下取りの場合はディーラーの力量で安く買い叩かれてしまうことが多いです。

これは下取りが悪いのではなくて、買取の方が高くなる仕組みがあるのです。

一括査定に出して複数の業者に査定依頼を出す

下取りではなく買取に出すときも、1社のみに査定を出すのではなくて複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。1社のみだと査定額を比較することができないので、提示された金額がその車の本当の価格なのかわかりません。もしかすると、足元を見られて相場よりも低い金額を提示されている場合もあります。

ディーラーに下取りに出すのも1社しか査定金額を見ることができないので相場よりも高いか低いかわかりません。このように、査定額を比較できないという点で下取りと1社のみはおすすめしていません。

一括査定サイトを使って査定の手間をできるだけ少なくしよう

車を査定してもらう方法としては中古車買取業社に持って行って査定依頼をすることになりますが、同じことを複数の業社に持っていくのは大変手間で面倒なことです。

「複数の業者に持っていくのは大変だから安くても査定は1回だけでいいや」

と思っている方もたくさんいるようですが、そのような方におすすめなのが「車の一括査定サイト」です。

車の一括査定サイトはその名の通り、1回の申し込みで複数の業社に査定依頼を出すことができるサービスで、無料で利用することができます。その利便性から近年注目をされて来ており、CMなどでも見かけるようになりました。

この一括査定サイトを利用した方が車が高く売れるということが判明し、その口コミが広まったことで、これまでは車を手放す時は下取りが一般的だったのが、買取が一気に注目されて来たのです。

一括査定サイトはいくつかの業者が運営していますが、中には査定依頼を申し込んだらすぐに査定額の概算を出してくれるサイトもあり、あなたの車の相場が一瞬でわかります。

査定業社はリクルートが提供しているカーネット、中古車売買の大手ガリバーなどの有名企業から、大きな企業ではないが地域で信頼されている買取業者まで、様々な企業が参加しています。

査定前に張り切って洗車をしない

査定依頼を出したら実際に車を査定してもらいますが、業社に直接持っていく方法と、出張査定に来てもらう方法の2パターンがあります。1社ずつ査定に持っていくのは面倒という方は出張査定に来てもらうのをおすすめします。

そして、査定をしてもらう前にみなさんやりがちなのは、少しでも高く買い取ってもらうために車を綺麗にしようと洗車をする人が多いということ。

「査定の前に洗車をした方が良い」という情報もあるのでそれを信じてしまうかもしれませんが、洗車をしても査定額が上がることはありません。

なぜ、洗車をしない方が良いのか?

ではなぜ洗車をしない方が良いのでしょうか?

車の査定をする時に減点の対象となってしまうのは「キズ」「へこみ」「サビ」などがありますが、これらは車が綺麗な方が見つけやすいので減点をしやすいのです。

つまり、洗車をして査定に出してしまうのは、わざわざ「キズをチェックしてください」と言っているようなもんなのです。洗車をしてくれるお客様は業者にとってはありがたい限りです。

また、素人が洗車をして落ちるようなキズはプロなら簡単に落とすことができるので、基本的には減点の対象になりません。

キズも目立ってしまう上に、大して査定額がアップするわけでもない、むしろ手間と洗車の費用がかかってしまいトータルで見たら損をしてしまっていることになります。

即契約はNG!複数の査定を待って納得してから契約する

複数の業社に査定依頼を出して実際に査定をしてもらうことになりますが、予定では3社の査定を受けるつもりでいたが最初の業者でなんか納得をしてしまい複数査定をする前に契約をしてしまうことがあります。

また、

  • 今すぐ契約してくれたら通常よりも5万円高く買い取ります!
  • どこでも同じような金額なので手間をかけないほうが良いですよ

などと業社に言われて、なんとなくその煽りに応じてしまう方も多いようです。

自分が納得したならばそれで良いですが、元々少しでも査定額を上げるために一括査定に出して複数の業者に査定を依頼しているのに1社だけで終わらせては全く意味がありません。

結局、足元を見られて安く買い叩かれてしまうだけです。相手も商売で車を買い取っていますので、できるだけ安く買い取りたいのは当たり前です。その罠にまんまとはまってしまっては業者の思う壺です。

業者は交渉前提で安い金額を提示している

そして、業者は交渉されることや、他のライバル業者と比較されることを前提に最初は安い金額を提示してきます。最初から最高額を提示してくることは絶対にありえません。

担当者の対応が良かったからと言って即契約をしてしまう方も非常に多いですが、目的は印象の良い担当者を見つけることではなくて車を高額で売ることです。予定通り複数の業社に依頼を出して他の担当者が気に入らなかったら、お気に入りの担当者がいる業者に買取を行ってもらえば良いのです。

無理な値段の交渉をしない

複数の業者から査定額の概算を出してもらったら、そこからさらに金額を上げるために交渉に入っていきますが、ここで直接的な価格交渉をしてはいけません。直接希望額を提案しても「これいじょうは厳しいです…」「頑張って最高額を提示しています」と言ってかわされてしまいます。

なので、価格の交渉をするときは

「A社さんでは58万円でしたが、おたくの会社はどのくらいいけますか?」

「B社では73万円でしたがC社さんはどうでしょうか?」

「A社さん、C社さんが80万円と言っていますが、これ以上いけますか?もしいけなければ、C社さんに買い取ってもらおうと思っています。」

というように、業者間で価格を競わせるようにしましょう。このように交渉すれば、自分が交渉術を使わなくても勝手に価格が釣りあがって行きます。余計なことを言って地雷を踏んでしまうと結局最安値で買い叩かれてしまうこともあります。

交渉の引き際の見極めも重要

各社に競合をさせていくとドンドン売却価格が上がっていくので粘ってさらに価格を上げたくなってしまいますが、交渉の引き際も大切です。

いくら交渉しても限界以上の査定額にはなりません。そろそろ限界かなというポイントは数千円単位で買取額を乗せてくる頃です。そうなってきたら引き下がってあげましょう。そこまで来たらおそらく最初の査定額よりも数十万円以上は高くなっているはずです。

小さな査定ポイントも取りこぼさない

ゲームや家電を売ったことはあるでしょうか?ゲームや家電を売る時に、箱や説明書があった方が査定額が高くなるのは一般的に知られていますが、実は車も同じなのです。

査定のときに、

  • 保証書
  • 整備手帳
  • 取扱説明書

が揃っていると数万円プラスで査定されるので、必ず持っているか確認をして査定の際に準備をしておくようにしましょう。

余計な減点は避ける

査定となると外装や内装はしっかりとチェックしますが、意外と忘れがちなのは荷物の忘れ物です。車を引き渡す際には中身をカラにして渡すようにしましょう。特に忘れがちなのは「ETCカード」「CD」です。

ひどく荷物が多いままだと処分費用が取られてしまうこともあるので、気をつけましょう。

査定員は車の何をチェックしているのか?

売却の際に気になるポイントとしては「どのような基準で価格が決定しているのか?」ということではないでしょうか?

細かな金額まで把握しておく必要はありませんが、どのポイントをチェックして査定しているのかだけでも知っておくだけで、売却の際に業者のいいなりにならないで済みます。また、金額交渉の際の幅も広がったり、事前に査定ポイントを押さえておけば高額買取してもらうための対策も可能になってきます。

全部覚える必要はありませんが、是非参考にしていただければと思います。

車査定の基準

車の査定は「日本自動車査定協会(JAAI)」という機関が定めた全国統一の基準で行われていきます。買取業者によって得意不得意などの違いにより買取価格に差出てしまいますが、査定の方法は全国一律です。

その日本自動車査定協会が「標準の車両状態」を設けており、その基準に対して優れていれば「加点」、劣っていれば「減点」として車の計算をしていきます。

標準の車両状態とは?

その気になる標準の車両状態とは、

外装・内装は無傷である
エンジン・足回りは走行に支障なく良好である
車検の残り月数は3ヶ月以上である
走行キロ数は標準である
タイヤの残り溝は1.6ミリ以上である

という5つの項目になります。

具体的なチェック項目

基本の査定基準がある上で、さらに具体的に査定員がチェックする項目で知っておくと良い項目は、

  • 基本情報(車種・グレード・年式)
  • 外装
  • 内装

です。

基本情報

基本情報は車種、グレード、年式などの車検証に書かれている情報になります。買取業者はこの基本情報に合わせて「走行距離」をチェックして査定額の80%は決まると言われています。外装や内装を気にされる方も多いですが、人気のある車は高く売れて残念ながら人気のない車は査定額も低くなってしまうということです。

また、走行距離は年間1万キロが目安になっていて、その基準より上か、下かでプラス査定になるかマイナス査定になるかが決まります。

また、走行距離がトータルで10万キロを超えてしまうと査定額が大幅に下がってしまいます。すでに売ろうとしている車の遡行距離を減らすことはできないので、こればかりはどうしようもありませんが、参考にしていただければと思います。

外装

外装はボディカラー、キズ、ヘコみ、サビ、をチェックしていきます。ボディカラーは流行に流されない色の方が評価が高くなります。黒、白、シルバーなどが無難なカラーでしょう。

もちろん、それ以外の色でも人気の色であれば評価が高くなっていきます。

キズ、ヘコみ、サビ、に関しては自分で修理しない方が良いです。その理由としては、自分で修理できる程度のキズやサビは業者もコストをかけずに直すことができるという点と、素人が修理をしてしまうと逆にキズを広げてしまったり塗装を剥がしてしまったりと、余計に車にダメージを与えてしまいかねません。

基本的には余計なことをせずに、そのまま査定に出した方が無難でしょう。

内装

内装の減点ポイントは「タバコ臭」「ペット臭」です。それと合わせて焦げ跡、ヤニ、ペットの毛、シミなどをチェックされます。これらの減額としては3万円程度になってしまうこともあるので、売却を検討している車ではタバコを控えるなどの対策をしておくと良いでしょう。

あまり張り切って消臭やクリーニングをしても、査定額が大幅にアップすることはないので、クリーニング代の方が逆に高くついてしまうこともあります。

日頃からできる対策は行うとして、それ以外の対策は基本的にやらなくても良いでしょう。

一括査定サイトの人気ランキング

カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド
ズバット車買取比較.com