BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe 『自動ワイパー』システム

BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe 『自動ワイパー』システムについて説明します。解説動画も併せてご覧ください。

1. BMW オートワイパー機能

ハンドル右側のワイパーレバーの先端にあるボタンを押すと雨を検知する『レインセンサー』がONになります。このセンサーは雨を検知し自動でワイパーを作動させる機能があります。ONにしたとき、レバーのAUTOの表記があるLEDが点灯します。

氷点下ではワイパーが作動しない場合があります。レインセンサーがONの状態で、走行を中断し15分以内に再度走行を開始するとレインセンサーは自動でONになります。

2. レインセンサーはどこにある?

センサーの場所は、ルームミラーのフロントガラス側にあります。雨量と車速を検知して作動します。

そのため、信号待ちで止まっているときは、数秒後にワイパーの作動は止まります。動き始めると、またワイパーが作動し始めます。

3. オートワイパーの注意事項

洗車機にかけるとき、また窓を拭くときにはオートワイパーOFFにします。洗車、または窓を拭いている瞬間に、ワイパーが動き出してしまう恐れがあります。怪我や故障

4. BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe 『自動ワイパー』システムついて動画で詳しく!

 

まとめ

オートワイパー機能は、高速道路の繰り返されるトンネルを通過するときに便利な機能と言えます。必要に応じてオートとマニュアルを使い分け、ドライブをお楽しみください。