BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe ハンドル左側のボタン説明

BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe ハンドル左側のボタンについて説明します。左側についている装備は、基本的には走行にかかわる機能です。オプションによって違いますが、一つずつ説明します。解説動画も併せてご覧ください。

1. BMWハンドル左スイッチ『LIM』ボタンの機能について

LIMボタンをONにすることにより、走行速度に制限をかけることができます。バリアブルスピードリミッターと呼ばれる機能です。任意で車の制限速度を設定する時に使用します。クルーズコントロールに次ぐ非常に便利な機能です。

1-1. 走行中に『LIM』ボタンを押すと?

現在の走行速度が速度の制限として設定されます。例えば、高速道路で時速80kmの時点でボタンを押すことにより時速80kmを超えない走行になります。

停止状態でONにすると、時速30kmに設定されます。

なお、このボタンはエンジンオン、イードラブで走行中(モーターで走行中)でないと作動しません。

1-2. 制限速度を設定するには?

LIMボタン下のジョグダイヤルを操作することにより、メーターパネルに設定速度が表示されます。お好みの速度に設定できます。

1-3. 設定速度以上のスピードを出すには?

アクセルペダルを下まで深く踏み込みます。これにより意識的に制限速度を超過させることができます。追い越しなど必要に応じてご活用ください。

1-4. LIM機能をオフにするには?

LIMボタンを再度押せば、機能をOFFにできます。その他、

  • リバースギアに入れた時
  • エンジン停止の時
  • クルーズコントロールがONになっている時

などの状況下ではOFFになります。

2. BMW 『RES』ボタンについて

RESと書いてあるシルバーのボタンがあります。こちらはリジュームボタンです。リミッター機能や、クルーズコントロール機能は、ブレーキを踏むと解除されてしまいますが、ブレーキを踏む前の状態に復活させるボタンです。

なお、こちらのボタンはエンジンオン、イードラブで走行中(モーターで走行中)でないと押しても動かないのでご注意ください。

3. クルーズコントロールのオンオフボタンについて

このボタンを押すとクルーズコントロールがオンになります。クルーズコントロールとは、アクセルを踏まなくても設定速度で車を自動走行させる機能です。こちらはオプションのボタンとなり、車両によっては装備されていないこともあります。

4. クルーズコントロールで前車との追従距離を設定

先ほどのクルーズコントロールで、前車に追従して走るための距離を、おおよそでコントロールするボタンです。

上側のボタンを押すことで、前の車との距離を縮めます。
下側のボタンを押すことで、前の車との距離を伸ばします。

アクティブクルーズコントロール装備車は、前の車との追従距離を、任意で伸ばしたり縮めたりできます。

なお、こちらのボタンはエンジンオン、イードラブで走行中(モーターで走行中)でないと作動しません。

5. BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe ハンドル左側のボタン説明を動画で詳しく!

 

まとめ

クルーズコントロール、制限速度設定など走行に関するボタンはハンドルの左部で行います。高速道路など長距離運転時に重宝するボタンです。快適なドライブをお楽しみください。