BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe『ドライビングアシスト』とは?

BMW2シリーズ アクティブツアラー225xeドライビングアシスト機能について説明します。解説動画も併せてご覧ください。

1. BMW ドライビングアシストとは?

ドライバーの安全運転をアシストする機能です。衝突の危険回避などをサポートします。このシステムはルームミラーに組み込まれたカメラによって制御されます。

  • 追突警告
  • 歩行者警告
  • 車線逸脱警告

これらの警告、そして走行のアシストを通じてドライバーの安全な走行をサポートします。

1-1. 追突警告

衝突の可能性を車のセンサーが検知したとき、警告音を発し衝突被害を回避及び軽減するためのブレーキが作動します。

1-2. 歩行者警告

歩行者への衝突の可能性を車のセンサーが検知したとき、警告音を発し衝突被害を回避及び軽減するためのブレーキが作動します。

1-3. 車線逸脱警告

走行中の車両が、車線からはみ出ようとするときに警告を発します。

2. ドライビングアシストのON・OFF設定

ハザードボタン下に配備されたドライビングアシストボタンを短く押すと、iDriveに設定の内容が表示されます。コントローラーで各項目の設定を選択・決定することができます。

全てがONになってい状態で、ボタンの色がグリーンになります。何か一つでもOFFになっている場合にはオレンジ色に点灯します。

3. ドライビングアシストの限界について

次の場合には、システムの検知性能が制限されることがあります。

  • 突然割り込んでくる車両
  • 急激に減速する車両
  • 後部の外観が異様な車両
  • 前を走っているバイク
  • 濃霧・激しい雨・雪
  • DSCがOFFのとき
  • 検知するためのカメラやセンサーが汚れいるとき及び覆われているとき
  • 逆光が常時当たっているとき

などの場合に、システムの検知の作動が制限されることがあります。

4. BMW2シリーズ アクティブツアラー225xeドライビングアシスト機能について説明動画で詳しく!

 

まとめ

ドライバーの安全走行をアシストするシステムですが、システムには限界があります。警告が行われなかったり、反応が遅れたり、不適切に警告が発せられることもあります。そのことを踏まえても、通常の走行時にはこのドライビングアシストはONにしておくことをオススメします。ドライバー、乗客、歩行者、その他のドライバーや乗客の安全も視野に入れたシステムです。