ただのオープンカーではない!?BMW「カブリオレ」の魅力

BMWの車種には「カブリオレ」と呼ばれるオープンカータイプがあります。古くからBMWはオープンカーを世に出していますが、日本の現行車種には4人乗りしかありません。過去には2人乗りもありましたが、それを手にできるのは中古市場だけとなっています。

BMWカブリオレには他のオープンカーにはない特徴が多々あるどころか、一般的なマイナス要素を見事に解決しています。

この記事では各シリーズのカブリオレについて、魅力を語っていきます。

※注記 感覚的な内容に関しては体感に個人差があることをお伝えします。

 

1. カブリオレとは

カブリオレとはオープンカーの種類のひとつです。ルーフ部分を車内に格納できるものがカブリオレの定義です。

元々は折りたたみ式の幌を備えた馬車のことを指す言葉でした。主な移動手段が馬車から自動車に変わる時代から、呼び名の名残がそのまま現代まで継承されているのです。

また、オープンカーは和製英語のため日本国内でしか意味が通じません。国によって呼び方は異なり、イギリスではロードスター、イタリアではスパイダーやバルケッタ、ドイツではカブリオレやカブリオ、アメリカをはじめとする英語圏ではコンバーチブルです。カブリオレはフランスでの呼称でしたが、今では多くのオープンカーに使われています。

かつては明確に分類できていたオープンカーの呼称は、現在厳密に区別がつけられているわけではありません。メーカーの都合で車種名に使われている場合もあります。分類の基準もだんだんと曖昧になってきていますので、今後はメーカーのこだわり具合によって分類されることになるでしょう。(現在のBMWはカブリオレで統一しています)

2. BMWのカブリオレ

BMWのカブリオレは居心地のよい居住性に定評があります。ルーフクローズ時の静粛性や密閉性、乗り心地はオープンカーとは思えないほどです。

理由は、高水準な居住性が実証されている既存のセダンやクーペをベースに設計する手順となっているからです。このことからBMW特有のラグジュアリーな居住性をキープしたまま、ルーフの開閉機構を搭載するのがコンセプトの根本にあることが伺えます。

BMWの現行車種では2、4、6の偶数シリーズと、Mシリーズにカブリオレがラインナップされています。

2-1. 2シリーズのカブリオレ

画像元:BMW Japan

220iカブリオレ(ラグジュアリー)では、全長4,440mm x 全幅1,775mmと小柄でありながら、ターボ付きのエンジンと8段のトランスミッションが示すように高い加速力を誇ります。日常の様々なシーンでエンジンは低回転で済むため、静音性に優れるのも大きな特徴です。

オープンカーに小回りと静音性を求めるなら、BMW2シリーズのカブリオレは最適でしょう。

また、BMW2シリーズのカブリオレは1シリーズから名称変更された後継車種です。2008年に世界中を驚かせたBMW1シリーズのカブリオレは、販売台数が13万台(全世界合計)を記録した大ヒットモデルでした。その後継車種ということで、2015年の発売当初は話題になりました。

BMWでは数字が大きいシリーズの方が車格は上になります。今回のような上位シリーズにランクアップするケースは後述の4シリーズでも行われています。

2-2. 4シリーズのカブリオレ

画像元:BMW Japan

2014年に登場したBMW4シリーズのカブリオレは、2016年から多くの新技術を搭載したエンジンが採用されるなど期待度の高いモデルです。車体は440iカブリオレ(ラグジュアリー)で全長4,640mm x 全幅1,825mmと、均整のとれたサイズとなっています。

BMWの基本車種シリーズとして名をはせるのは3シリーズですが、4シリーズカブリオレはその上位シリーズへとランクアップした車種です。これにより、文字どおり先代以上の高性能車種へと進化しました。

4シリーズカブリオレの特徴として、高い安全性も挙げられます。ルーフのオープン機構という複雑なシステムを搭載するカブリオレでは、従来よりボディの頑丈さが懸念材料でした。この4シリーズでは先代の3シリーズカブリオレよりもボディ剛性を40%もアップしながら、搭乗者や荷室のスペースは広くなっています。

クーペのようにスピードを追求したというより、風を感じながら安全にドライブを楽しむような仕様となっています。それでいて、停車状態からアクセルを踏み込めばわずか5.5秒で時速100kmに到達するハイパワーをも秘めているのは手にしてからの楽しみになるでしょう。

2-3. 6シリーズのカブリオレ

画像元:BMW Japan

6シリーズのカブリオレは、BMWカブリオレのフラッグシップモデルです。BMWオープンカーとしてあらゆる技術を詰め込んだ6シリーズカブリオレは、640iカブリオレで全長4,895mm x 全幅1,895mmと程よい威圧感が出るサイズです。

BMWの中でも上位モデルのため輸入される数が少なく、そもそも日本で乗っているオーナーの数が限られます。その洗練された外見やインテリアのデザイン、惜しみなく投入されている最新技術の数々には驚くばかりです。

BMW6シリーズのカブリオレは安全性が劇的に向上しています。6シリーズのカブリオレは「ボディ・シェル」と呼ばれる特別な構造を採用しており、万が一の衝突の際、乗員に影響のない部分だけが潰れるようになっています。この構造は5シリーズ以上の高級車種に採用されているものです。

フラッグシップモデルに恥じない総合力は、2シリーズや4シリーズのカブリオレとの大きな違いです。

2-4. M6カブリオレ

画像元:BMW Japan

BMW M6カブリオレの「M」とは、高性能モデルに冠することができる名称で、BMW M社(旧BMWモータースポーツ社)が開発したスポーツ性の高い車種の証でもあります。

その流麗なデザインや各種専用装備に特徴を見ることができ、なかでもMシリーズにのみ許された装備は「M専用装備」として特別感があります。

M6カブリオレは全長4,905mm x 全幅1,900mmと、BMWのカブリオレ中もっとも大柄です。しかし、開発元がかつてF1でスピードを競い合ってきた経験が導入されているだけあって、とてつもない加速性能が体験できます。停車状態からわずか4.3秒で時速100kmへ到達する様は圧倒的なマシンポテンシャルだと表現できるでしょう。

サーキットで体感できるような走りを日常で楽しむことも、BMW M6カブリオレなら不可能ではありません。

3. BMWカブリオレの特徴

一般的なオープンカーの欠点として、風の巻き込みや騒音による走行中の不快感が挙げられます。そのため世間にはオープンカーでの長距離移動はしたくないという意見が多いのです。

BMWの全カブリオレが従来のオープンカーと決定的に異なる点が、風の巻き込みや騒音をほとんど感じないことです。

BMWには「ウィンド・ディフレクター」というオプションが存在します。これを装備することで風の巻き込みおよび騒音を軽減できるのです。この特別なメッシュ構造のオプションは未使用時にリアシートの後方へ格納できるため、貴重な積載スペースを圧迫することがありません。

BMWこだわりのシートフィッティング性も相まって、カブリオレは従来のオープンカーでは難しかった「快適な長距離移動」を可能にしたといえるでしょう。

4. BMWカブリオレのまとめ

BMWカブリオレは他のオープンカーにない特徴がたくさんありますが、欠点を払拭しながら高性能化を実現するという総合力は特筆に値します。そこへBMWのデザインセンスが加わることで、カブリオレは唯一無二の魅力となるのです。

オープンカーでしか味わえない高揚感や満足感、そして快適さを求めるならBMWのカブリオレは最有力候補になるでしょう。