BMW3シリーズ318i Luxury: ウィンカーレーバーの操作方法

BMW3シリーズ318i Luxury、『ウィンカーレーバー』の操作方法について説明します。解説動画も併せてチェックしてみてください。

1. BMWウィンカーレバーの位置

国産車とは逆位置、左側にウィンカーレバーがあります。正式名称としては『ターンインジケーターレバー』と呼ばれていますが、日本では馴染みがないのでここではウィンカーでの表記にしています。

2. ウィンカーの出し方

右にターンシグナルを出したい時には、上方向にレバーをいっぱいまで押し上げます。左にターンシグナルを出す時には、下方向にレーバーをいっぱいまで押し下げます。

短時間だけ点灯させるには、操作レバーを軽く止まる位置まで押し、点滅させたい間、そのまま状態を保持させます。

レバーが止まる位置まで軽く押してすぐに離すと、3回あるいは1回点滅となります。この回数については、iDriveコントロールパネルで操作を行うことで選択をすることができます。

点滅や点滅作動音が通常よりも速い場合は、ウィンカーの1箇所が故障しています。点検を行い修理を行ってください。

3. ウィンカーレバーの『BCボタン』とは?

レバーの左端にBCボタンがあります。『ボードコンピューター』の略で、メーターパネルにある表示を切り替えるボタンです。

走行距離、平均燃費、瞬間燃費、平均時速、今日の日付、時間の表示を切り替えます。

4. パッシングライトの操作方法

レバーを手前に引くことで、パッシングライトを点灯させることができます。

5. ハイビームにするには?

ライトを点灯させている状態で、レバーを前に押し出すとハイビームとなります。夜間の街灯の少ない道路を走行する場合などに活用します。対向車がいる場合にはハイビームの解除を心がけてください。対向車のドライバーの視覚を奪い安全走行に支障が出る場合もあります。ハイビームのキャンセルはレバーを手前に戻すことで通常のロービームに切り替えることができます。

6. BMWのパーキングライト機能とは?

夜間の路上駐車をする際などに点灯させるライトです。左右どちらか任意で、前後のライトを点灯させることができます。

イグニッションをOFFにした時にレバーを約2秒間、上下どちらかに長押しします。右側のパーキングライトを点灯する場合には上方向に、左側のパーキングライトを点灯させる時には下側にレバーを長押しします。

7. BMW3シリーズウィンカーレーバーの操作方法を動画で詳しく!

 

まとめ

国産車とはレバーが逆に取り付けられているため、最初は戸惑うこともありますが走行を重ねることで自然に操作を行えるようになります。ターンシグナルだけでなく、パッシング、ハイビーム、そしてパーキングライトの機能もあります。走行前に操作を試してみてください。