BMW3シリーズ318i Luxury: 後席手すりのフック活用方法

BMW3シリーズ318i Luxuary 『後席手すりのフック』の活用方法について説明します。どのように活用できるのでしょうか?解説動画も併せてご覧ください。

1. BMWの車内手すりに隠されたフックは何のために?

乗り降りをするときや、悪路走行中に体を支えるために手すりが天井に設置されています。そして後席の手すりの内側には小さなフックがついています。

主に、ジャケットなど衣服のためのハンガーをかけることができます。後席の運転席側、助手席側の両方についています。

2. 運転中に生じるスーツのシワを防ぐ

スーツのジャケットなど上着を着用したままで運転することによりシワが発生することがあります。運転時にはジャケットを脱いでおくことでシワを防ぐことができます。後席のフックにハンガーを吊るしたとしても、運転席の後ろは常に死角になることから運転の妨げになりにくと言えます。

もしそれでも窓を塞ぎたくない場合には、純正アクセサリーとしてヘッドレスト後ろにコネクタを付けてハンガーをかけられるアイテムがあります。

3. BMW3シリーズ318i Luxuary 後席手すりのフック活用方法を動画で詳しく!

 

まとめ

BMWには細かなドライバーのニーズに応えるためにあらゆるケースを想定し設計されています。国産車とは異なるアプローチですが人間工学に基づいた細やかなホスピタリーを感じることができます。