BMW3シリーズ318i Luxury: 後席『ひじ掛け』の使い方

BMW3シリーズ318i Luxuary 後席『ひじ掛け』にはどのような仕掛けがあるのでしょうか?後席に乗車したパッセンジャーの快適性、また運搬にも便利な機能を紹介します。解説動画も併せてご覧ください。

1. BMW 後席にひじ掛けをセットする方法

後席に大人が一人または二人乗車する場合に、アームレスト設置することができます。中心の席、やや上の方にフックがあり、指をかけて引くとアームレストが出てきます。

ここにプラスチックのケース後方中心にボタンがあります。このボタンを押すと蓋が開きドリンクホルダーとして活用できます。

細いドリンク缶から500cc、1リットルのペットボトルも入らないことはないと思います。スタバのグランデサイズくらいなら入ります。

 

2. 運搬性能を高めるために中心席をトランクとつなげる

中心席ヘッドレストの下にレバーがあります。そこを引くと真ん中の席だけ分割で倒すことができトランクルームとつながります。長さのあるもの、スキー板や竿竹などを乗せる際には便利な機能です。

3. BMW3シリーズ318i Luxuary 後席『ひじ掛け』の使い方を動画で詳しく!

 

まとめ

BMWの内装には多くの仕掛けと配慮があります。ユーザーの潜在亭な必要性に応じた設計によりドライバーだけでなくその他の乗客にとっての快適性についても追求がなされています。