BMW USB端子の活用方法について:BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe 

BMWに搭載されているUSB端子の使用用途についてBMW2シリーズ アクティブツアラー225xeより説明します。解説動画も併せてご覧ください。

BMWに備わるUSB端子の使用用途

BMW車内でiPhoneの充電OK!

アームレストを上げて下の部分、進行方向の反対側に、USBのマークがついています。例えばiPhoneの充電を行うことができます。

よく聞かれるのが、「iPadは充電できないの?」「Macを充電したいんだけど?」など多くの質問をいただきます。残念ながら、ここから供給される電力はそれほど強くありません。そのため、iPadは接続はできても充電はできないことになっています。

iPhoneほどの端末であれば充電が可能です。

USB端子から、音楽データのエクスポート&インポート

それ以外に、ハードディスクにため込んだ音楽データをエクスポートするさいにはこちらのUSBからデータの取り込みを行います。データのバックアップを目的に、工場に整備に出す際や車を乗り換えた際には、USBメモリをここに差し込んで、iDriveに保存された音楽データをUSBメモリにコピーし保存をします。

そのデータを次の車や代車にインポートすることで車両が変わってもお気に入りの音楽を再生することが可能です。

その他の利用ケースとしては、車両データーのバージョンアップなど、整備上のプロセスにUSBを介することがあります。

BMW USB端子の活用方法について解説動画を見る!:BMW2シリーズ アクティブツアラー225xe

 

まとめ

USBは主に、データーの移送手段として用いられます。iPhoneの充電を行う時にも活用することができます。Bluetooth設定でペアリングをしておけば、車内での通話もハンズフリーで行うことができ、同時に充電を行えば社外に持ち出したときにも安心して携帯端末を利用することができます。