BMW タイヤの寿命は何年?

タイヤの寿命について説明します。解説動画も併せてご覧ください。

BMW タイヤの交換時期について

タイヤは摩耗状態に関わらず、少なくとも6年ごとに交換してください。なぜ6年かというと、硬くなるからです。硬くなることでグリップしなくなります。

硬くなれば、ひび割れが始まります。ひび割れすると高速道路などの走行時にバーストしてしまう可能性が大きくなります。

6年を過ぎたタイヤは経年劣化により安全走行に支障をきたすため、6年が交換の目安となっています。

タイヤ交換は、寿命のギリギリまで使うよりも、早めに交換することをお勧めします。グリップ性能が落ちているため、本来すべらない場所で滑るなど事故につながりかねないアクシデントも想定されます。タイヤの進化のスピードも著しいためよりよいタイヤになればさらなる快適性をえられるでしょう。

よく走る方、近距離移動が多い方、旋回の多い方は外側だけが磨耗したり、また空気圧が常に低い場合には偏摩耗を引き起こします。タイヤ交換の目安は、年数よりもまずタイヤの溝の減り具合を第一の基準に考えてください。

 

BMW タイヤの寿命について動画で詳しく!

BMW車両に関する上はiDriveからご覧いただくこともできます。動画では、BMW 225xe アクティブツアラーのiDriveを用いて説明をしています。ぜひご覧ください。

まとめ

BMW基準では、タイヤの寿命は6年が目安となっています。とは言え、走行により磨耗が進んだ場合にはタイヤとしての性能は劣ってゆきます。タイヤは路面に接する唯一のパーツです。安全走行の要としてタイヤは重要な役割を果たしています。