BMW1シリーズ|車と暮らす歓びを学べるエントリーモデル

BMW1シリーズは普通のエントリーモデルで終わらない唯一無二の存在です。1シリーズは所有する歓びだけでなく、友人や家族など車に関わるすべての人々にその価値観を共有できる1台だといえるでしょう。

この記事ではBMW1シリーズの魅力をご紹介します。

1. BMW1シリーズが唯一無二といえる理由

1シリーズはBMWのエントリーモデルです。とかく安価かつ低性能と思われがちなエントリーモデルですが、BMWは走りに対するこだわりに妥協することはありません。

ベンツならAクラス、アウディならA3と、これらに代表される他社のエントリーモデル車は、駆動方式をFF(前輪駆動)化し、他のモデルとシャーシを共通化するなど実用面を重視する傾向にあります。しかしBMWは、エントリーモデルでもコスト高といわれるFR(後輪駆動)を採用しています。

より開発費用のかかるFRを選んだ理由は、重量バランスを調節しやすいからといういう理由もさることながら、同社が走りに対する熱い想いを持っているからです。元来BMWには、フロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分するという高い技術力があり、理想を具現化することができました。このようなバックボーンもあって、BMWの1シリーズは他社のエントリーモデルの常識では考えられない、スポーティな走りを手に入れることができたのです。

1シリーズは、BMW社の一貫した姿勢である「駆けぬける歓び」を担う大切なベーシックグレードとして、世界中の車好きから注目を集めています。

2. BMW1シリーズの特徴

BMWはエントリーモデルである1シリーズにもそのイズムを取り込みました。その他社に真似ができない特徴は、エクステリア(外装)やインテリア(内装)、エンジン性能に垣間見ることができます。

2-1. エクステリア(外装)

1シリーズのエクステリア・デザインは「美しさ」「力強さ」「エネルギッシュさ」を意識しています。総合的に見てBMWらしいエレガントな仕上がりになっていると言えるでしょう。

BMWの代名詞ともいえるキドニー・グリルはとても立体的で強い存在感を漂わせています。鋭い眼光を放つLEDヘッドライトや大型のエア・インテークと相まって、フロントグリルをスタイリッシュに見せることに成功しています。

リヤフォルムは1シリーズ独特のL字型リヤ・コンビネーション・ライトを中心に、大型のホイール・アーチをデザイン。ワイド・トレッドなボディラインで他社にはない個性を強調しています。

どこからみても1シリーズとわかるエクステリアは、BMWの名に恥じないインパクトを与えています。

2-2. インテリア(内装)

BMW1シリーズのインテリアは、格上の3シリーズと共通のインストルメントパネル(インパネ、計器類)を中心にデザインされています。同クラスのライバル車と比べ、質感がとても上品なのが特徴で、特にフロント側にウェイトを割いています。これはドライバーの操作性の向上を狙ってのことですが、上級グレードの3シリーズとそん色ないデザインと合わせ、車を所有する満足度を十分に満たす出来に仕上がっています。

BMWは「運転に没入するには、ボタン操作は単純であるべき」という考えを持つメーカー。そのため各種ボタンの操作性は、シンプルな構成になっています。その他、各操作系のデザインにも創意工夫が見られ、BMWが「走る喜び」を常に追求していることが実感できます。

1シリーズの前席は、居住性も高く長時間の運転でも苦にならないほどの広さがあります。逆に後部座席は、コンパクトな車体サイズ(全高:1440mm)であることから、腰部が下に落ち込んでいるにも関わらず、頭上にそこまでの余裕を感じることはありません。しかし前席シートの下に足を潜り込ませることができるように設計がなされており、実際に乗車するとそこまで狭さを感じることはありません。

BMWの1シリーズは大人が乗る必要最低限の居住性を満たしつつも、運転の楽しみを阻害しないインテリア・デザインになっています。

2-3. エンジン性能

BMW1シリーズはガソリンモデルとして、直列3気筒の1.5リッター「118i」・直列4気筒の2リッター「120i」を、ディーゼルモデルとして直列4気筒2リッターの「118d」をリリース。高性能モデルとして、M社が手がける直列6気筒の3リッター「M140i」もラインナップされています。

1シリーズのエンジンには全車にターボが装着されているのがトピック。すべての車種にターボを装着することよって、グレードを問わずパワー不足を感じることはありません。スピードやパワーを十分に備えた1シリーズは、ワインディングや高速走行時にドライバーに安心と安定感をもたらします。

なかでもディーゼルエンジンの118dスポーツは、走行性能・燃費・価格のバランスが取れた満足度の高いグレード。エコカー減税対象車であることも加味すると、選んで損のない一台だと言えます。

3. BMW 1シリーズ まとめ

BMWの1シリーズは、エントリーモデルらしい実用性と走りを追求した高性能さを兼備し、他社の販売するライバル車とは特徴が大きく異なります。

1シリーズはBMWらしいスポーティな走りを手軽に楽しんだり、ファミリーカーやセカンドカーとして街乗り用にしたりと、応用の幅がとても広いベストカー。通勤・レジャー・買い物などをこなしつつ、毎日の運転が楽しみ且つ車の所有感も満足させたい。BMW1シリーズは、そんなオールマイティーな要望に応える数少ない一台だといえるでしょう。