BMW640iインプレ|ストレート6大型クーペを探訪する

BMW640iは、BMWが誇る大型クーペ6シリーズのベーシックモデル。「大型でありながらクーペ」という最上級の贅沢を感じさせるエクステリアを備え、BMWらしい“駆ける”ドライビングが楽しめる車です。640iの魅力について存分にお伝えしてきます。

1. BMW640iの概要

BMW5シリーズをプラットフォームに持ちつつ、クーペとしては車格最大の6シリーズ。BMW640iの魅力は、その圧倒的なダイナミズムをクーペならではの美しさと融合させた点でしょう。

常に“若い・新しい・スポーティー”の精神を貫き続けるBMWの中にあって、640iもそのスピリッツを色濃く感じることのできるモデルです。

流れるが如くまとめ上げられた1.8トンものボディは圧巻であり、N55系エンジンでそのボディを完璧にコントロールする様は「瞬く間に、駆ける。」のキャッチコピーさながらの世界を体感させてくれます。

2. BMW640iの室内は贅沢と無駄を楽しむ空間

現在、車市場においての主流は間違いなく4ドアカーです。そしてミニバンや軽自動車までもが「広い車内」を謳い文句にしています。そんな潮流の中にあって2ドア4シーターのクーペは、やはり異色の存在と言えるでしょう。

BMW640iの室内も決して「広い」という形容詞は当てはまりません。その室内を何らかの言葉で形容するならば『あなたのためだけの贅沢な空間』という言葉がしっくりきます。

特筆すべきは徹底したこだわりのあるインテリアです。ドライビングシートには上質な素材をふんだんに使い、人間工学に基づいたデザインが施されロングドライブでも疲れを感じることはありません。

さらに操作エレメントはわずかにドライバー側に向けて配置されており、手を伸ばせば自然に届くような計算がなされています。

余計なラインを一切使わずに美しい空間を演出するBMW640iの室内は、その空間に身を委ねることで日常から隔世された時間を与えてくれますし、包み込まれるような特別な感覚を覚えます。

それこそが、一般的には不便と思われているクーペを選ぶことの『贅沢』であり、その無駄を楽しむことこそ大型クーペの醍醐味であると言えるでしょう。

3. BMW640iのエクステリアは大胆かつシンプル

BMW640iのシャープなシャシーは、同じ大型クーペでありながらも落ち着いた印象のベンツCLクラスとは違い、BMWらしさを存分に発揮したスポーティーなデザインです。

3-1. BMW640iエクステリアデザイン

BMW640iのボディは、古典的なスポーツカーのフォルムである「ロングノーズショートデッキ」を採用しています。長いボンネットフードは力強いエンジンが搭載されていることの現れであり、それに対しての小さなキャビンが全体のフォルムを完璧なまでに美しいものにしています。

また大型クーペの名に相応しい広い車幅と低い車高は、BMW640iの力強い走りを約束したかのようなエクステリアとなっており、流れるようにリアへと続くフェンダーラインは大胆でありながらもシンプルさを感じさせます。

3-2. BMW640iのフロントフェイス

BMW640iのフロントには、6シリーズだけに与えられている特別なキドニー・グリルが用いられています。光沢のある9つのバーが「これぞBMW」と言える端正なフェイスラインを際立たせています。

4. ベーシックモデルでも鋭い走りを楽しめるBMW640i

BMW640iで採用されているエンジンは320馬力のN55系。N55系と聞いてBMW335iで採用されているN54系を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、6シリーズ向けにチューニングされているN55系はやはりひと味違います。

加速はより滑らかに感じられ、跳ね馬のように加速していく335iとは一線を画しています。しかも3L直列6気筒エンジン特有のエッジの鋭さは健在であり、1.8トンのボディを難なく引っ張りBMWらしい走りを約束してくれます。

5. BMW640iをけん引するトランスミッション

BMW640iで使われているトランスミッションは8速制御のスポーツAT。以前は“もたつく感”が否めなかったこのトランスミッションもデビューしてそれなりの時が経過し成熟度が進んでいます。

不満は払拭され、DTCさながらの早さで切り替わるミッションが、640iのドライビングを快適なものにしています。

6. BMW640iのドライビングフィール

スポーツカーとしての側面を持つクーペ。しかし大型クーペであるBMW640iのドライビングフィールは、「ワインディングでの攻めの走り」より「高速道路でのハイスピードドライビング」でその真価を発揮します。

大型クーペ特有の大きく力強いエンジンはハイスピード時での安定走行を約束し、クルーザーの側面を

強く感じます。

7. 日常使いも苦にしないBMW640i

「1.8トンボディの2ドアクーペ」。そのようなスペックを持つBMW640iは、一見日常使いには不向きのように見受けられます。しかしアイドルストップ機構が装備され、この車格に対しては低燃費であることは、オーナーにとっても非常に嬉しい点です。

またクーペとしては大きなラゲッジスペースも備えており、日常使いの車としての機能も十分に備えています。

8. BMW640iのまとめ

『プレミアムラグジュアリークーペ』という、大型クーペのジャンルを築き上げたBMW6シリーズ。“オーナーに非日常を与えてくれる”という点においても6シリーズの右に出るものは、まず見当たりません。

BMW640iは、その6シリーズの顔とも言うべきベーシックモデルとして「デザイン良し。ドライビングフィール良し」を実証した革新的なモデルです。

エクステリアの随所に見られるBMWらしいこだわりは爽快であり、乗る人の満足度を格段に引き上げてくれることでしょう。