BMW3シリーズ318i Luxury『ステアリングボタン』右側の操作方法

BMW3シリーズ318i Luxury 右側の『ステアリングボタン』について説明します。解説動画も併せてチェックしてみてください。

1. BMW スピーチコントロールの使い方

顔の絵が描かれたアイコンのボタンを押します。押して間も無くすると、警告音が鳴ります。警告音がなったあとに操作したいコマンドについて話します。

前提として、ドライバーが使用する言語に設定してあることが挙げられます。言語の設定は、iDriveの言語ダイヤログ画面で設定することができます。

スピーチコントロールでは、ドライバーの音声を認識しコマンドの呼び出しをサポートします。電話、マップ、取扱説明書など必要に応じて、キーワードを話しかけることにより口頭で操作を行うことができます。音声が的確に認識されれると、iDriveモニター画面に表示されます。次に選択が必要な場合には選択内容を読み上げることで確定することができます。なお項目によっては、コントローラーでの決定を行わなければならないこともあります。

スピーチコントロールを終了するには、再度スピーチコントロールボタンを押すか、「キャンセル」と声を発することで終了できます。

2. BMWの『MODE』ボタンの機能について

オーディオモードの切り替えをするボタンです。このボタンを一度押すごとにiDriveモニターの表示が替わります。

ラジオ、ミュージックライブラリー、外部入力へと切り替わります。

ラジオやミュージックライブラリーの楽曲選択には、モードボタンの下にある『ダイヤル』を上下に回すことにより選択が可能です。希望のする項目を選択したら、ダイヤルを押してください。これで確定されます。

3. 音量調節ボタン

上下に+ーの表記があるボタンで、音のボリューム調節を行うことができます。+を押せば、音は増幅し、ーボタンを押せば減退します。

4. 通話ボタンの使い方

Bluetoothで携帯電話をペアリングさせることにより、通話、そして終話が可能になります。ドライバーにコールがあった時、電話の受話器が描かれたアイコンのボタンを押すことで通話を開始することができます。再度電話ボタンを押すことで終話となります。

5. BMW3シリーズ318i Luxury 右側の『ステアリングボタン』について動画で詳しく!

まとめ

右側のボタンでは、スピーチコントロールによる音声コマンド操作、MODEボタンによるオーディオ切り替え、ボリュームボタンでは音量調節、電話での通話・終話が可能です。走行前に操作に慣れておくことで、より安全なドライブをお楽しみください。